• HOME
  • プロフィール・メディア掲載

プロフィール・メディア掲載

プロフィール

天音 とも(あまね・とも)

アーティスト/自然農ファーマー/ナチュラルフードコーディネーター/プロデューサー/ヒプノセラピスト/信州小諸、農カフェわのんを創業 お料理、農業、音楽のツールを通して、愛と美を表現するアーティスト

1500坪の畑や田んぼで循環型の農業を取り入れ、
週3日間の営業で無農薬の玄米ランチを提供。
年間10,000食以上を売り上げる人気店店主。

15歳で歌手を目指して単身上京。
16歳で大手プロダクション、廣済堂グループに所属し、
日本のクラブミュージックを引率するAIや青山テルマらと共に
ジェームズブラウンからも支持される元祖ディスコ界のカリスマDON勝本氏に師事する。

18歳、音楽活動の傍ら、銀座の高級クラブで№1ホステスとして、
派手な日々を過ごし摂食障害、買い物依存症、男性依存症など、
あらゆる依存症を患い、生きづらさを抱え辛酸をなめる。

その後、自然豊かな北軽井沢で、心の静養をしたいと思うようになり20歳のときに帰郷し結婚、長男の自宅出産を機に自給自足の暮らしを目指してオーガニックカフェの経営に関わる。

ナチュラルフードコーディネーターの資格を取得後、
自宅で料理教室や講座を開くようになり、「身体に優しく美味しい魔法のレシピ」を紹介、
瞬く間に生徒が殺到し、「簡単で無理なく毎日続けられると」話題となり、
2016年に『農カフェわのん』を開店。

近年は、農業と食を通じて心身の健康と
本来生まれ持った命の輝きを取り戻してもらうための活動として
カフェでの個人セッション、カウンセリングなども行っている。
2019年、『天音 とも』として歌手活動再開。
オリジナルソングを製作し、LIVE活動を行う。
アーティストとして、イベント出演依頼や作詞依頼もこなす。
2019年 9月公開のスピリチュアルドキュメンタリー映画、「愛の地球(ホシ)へ」のエンディング曲で女性パートを歌う。

農カフェわのん Facebook
農カフェわのん Instagram
Amebablog〈宇宙と大地の食卓〉

農カフェ わのん  メディア掲載実績

新聞・雑誌

小諸新聞 2016年〜2018年
月刊Komachi 2016 7月号/2017 5月号/2017 7月号
Kids Komachi 2017春号
別冊KURA信州小諸 2018年


週間さくだいら(レシピ掲載あり)

フリーマガジン MAMAMO
東信ジャーナル
信濃毎日新聞
畑々 PATAPATA(レシピ掲載) など。


テレビ・ラジオ

SBC長野ラジオ 上田放送局 2017年 7月・9月
テレビ信州 ゆうがたゲット 2016年

イベント開催実績

〈2016年6月〉
アフリカンハープ奏者 kawagishi hiroyoshi
ギタリスト ウォン美音史
LIVE@農カフェわのん
>>開催風景はこちら

〈2016年11月〉
映画「玄牝」上映会 &
松浦照子助産師を囲んでのお話会
>>上映会の様子はこちら

〈2016年12月/2017年10月〉
ガイヤシンフォニー6番ご出演の即興民族音楽を奏でるアーティスト
奈良祐之さんをお呼びしての奉納演奏会など
>>開催風景はこちら

メディア等の取材、イベント開催などのご依頼を承ります。
お問合せくださいませ。